松田輝雄からのお願い

 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北や関東地方を中心として全国各地に未曽有の被害をもたらしました。被害にあわれた方々に心からお見舞い申し上げます。

 日増しに深刻な放射能汚染が明るみになるなか、国が守らないなら自分たちで守る!と「福島の子どもたちを守る!避難サポートプロジェクト」を、たった一人で立ち上げた3人の子どもを持つ普通の母親と、震災当初から積極的に被災者支援活動を続けながら深刻な風評被害に苦しむ会津若松の芦ノ牧ホテル経営者から、私たちのNPOに協力要請が依頼がありました。それは、少しでも子どもたちの被曝を減らしたいと必死になっている福島のお父さんお母さんの声を、全国の、いや世界中の人々に聞いてもらいたい。そして一人でも多くの子どもに安全な場所を与え、少しでも被曝線量を減らすために、この「避難サポート」に協力してほしいという必死な叫びでした。
永年にわたって、世界の子どもたちが、国や文化や宗教の違いを越え国際理解促進と、平和で安全な、安心して生活できる社会実現のために努力してきた、私たち「NPO法人国際教育情報交流協会(AEIIC)」は、このプロジェクトに積極的に協力していく事を決定しました。
多くの皆様のご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。

NPO法人国際教育情報交流協会
理事長 松田輝雄

1口5,000円でできる支援活動
深刻な放射能汚染状況にある地域の子どもたちの自主避難を支援します

5,000円の支援で福島の子ども1人が1泊2日の避難をし、被曝をやわらげる事ができます

募金内容

  1. サポートいただく口数をお選びください
    個人の方・・・1口 5,000円  ・法人・団体の方・・・1口 100,000円
  2. 下記サポート申込書にご記入の上、ファックスかメールにてお申し込みください
    FAX:03-6276-0891  email:fukushima-support@aeiic.or.jp
  3. 5,000円(個人)か100,000円(法人、団体)×口数をお振込みをお願い致します
    <支援金の送付先>
    みずほ銀行渋谷中央支店 「NPO法人国際教育情報交流協会」
    口座番号:普通 4916316  口座名義:【 トクヒ) コクサイキョウイクジョウホウコウリュウキョウカイ】
    お問い合わせに関してはメールでお願いします。

支援物資

支援いただける物資提供者・団体様を募集しております。
避難した宿泊先の食事として使用します。
支援物資協力をいただける方は必ずメールかファックスでお知らせください。

問合せ先

NPO法人 国際教育情報交流協会
「福島の子どもを守る!避難サポートプロジェクト」事務局 担当 小林 弘文
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー929
TEL:03-6276-0890 FAX:03-6276-0891 email:fukushima-support@aeiic.or.jp

福島県周辺で、放射能空間線量測定値が低い場所(通常値に近い)で、1泊食事つきで4,500円でご協力頂けるホテル・旅館を募集しております。お電話下さい。