Category Archive: スタッフから

9月 20

イタリアの携帯事情その6

残念ながら、フィレンツェでSIMを手に入れることはできませんでした。

その日のホテルは、フィレンツェの高速で次のICのカレンツァーノという町のホテルでした。

そのホテルの近くに大きなカルフールがありました。

さながらちいさなショッピングモール並みの大きさです。

このクラスになると、中の外壁近くは専門店が並んでいることが多いです。

それに賭けてみることにしました。

続きを読む »

9月 16

イタリアの携帯事情その5

ツアーの半ばで、いよいよ、250MBを超えそうになりました。

スタッフYは方向音痴なので、Google マップが使えないと、迷子になってしまいます。

フィレンツェのドゥオーモ広場にTIMのショップを見つけました。

そこで、自由時間になってから、ダッシュでTIMのショップに走りました。

しかし、運悪く、その日は土曜日。

TIMショップは、土曜日は13時まで。TIMショップに着いた頃には、とっくに閉店していました。

ヨーロッパ圏は閉店時間が早いです。

自由行動になった広場から、ドゥオーモ広場まですぐにSIMを買えるからと、残り少ないパケットを使ってGoogleマップを見ながら走ったので、ほんとにガス欠寸前になりました。

9月 15

イタリアの携帯事情その4

一体どのようなプロモーションになったのかよくわからないまま、どうせプリペイドなんだから、払った額以上に請求されることもないし。一ヶ月使いたい放題というのだから使わにゃ損損と、skypeしまくったり。Facebookに写真を投稿したり、メールに写真を添付して送ったり。

バリバリこれでもか!というくらい使っていると、TIMからSMSで、使いすぎだ!それ以上使わないことを期待するみたいなメールが届きました。

あれれれ?

一ヶ月使い放題じゃなかったの?

  続きを読む »

9月 14

イタリアの携帯事情その3

Repubblica広場近くの携帯ショップ

Repubblica広場近くの携帯ショップ

さて、携帯ショップに入り、店員さんに、

「TIMのプリペイドSIMはありますか?」と聞いてみました。

「あるよ」というので

「TIM x SMARTPHONEのプロモーションで使えますか?」と聞いたところ

「できる」ということでしたが、

「25ユーロ。一ヶ月使い放題」と言われました。

あれ?事前に調べたところでは、SIMが10ユーロで、TIM x SMARTPHONEのプロモーション代が2ユーロではないの?

「10ユーロに、週2ユーロって聞いたんですけど?」と聞いてみても、

「25ユーロ。一ヶ月使い放題」と繰り返されてしまいます。

うーん。どうしよう。

元々、10+2にさらに、5ユーロくらい足す気でいたので、25ユーロでもいいといえば、いいんですが。

迷っていても選択肢が増えるわけではないので、25ユーロで購入することにしました。

続きを読む »

9月 13

イタリアの携帯事情その2

さて、前回各所の情報を元に実際にイタリアのローマでTIMのSIMを買いに行きました。

ただ、皆さんテルミニ駅のTIMショップで購入された話とかが出ていますが。

スタッフYがツアーで解放されたのは、その一つ隣の駅のRepubblica駅(の近くの三越ローマ)です。

このあと行きたかったのは、ヴァチカン美術館だったので、テルミニ駅はヴァチカンとは逆方向です。

そこで、現地のガイドさんに聞いたところ、三越の直ぐ側に携帯ショップがあるのでそこでTIMのSIMを扱っているということだったのでそこへ行ってみました。

続きを読む »

9月 12

イタリアでの携帯事情その1

こどもの絵展とは関係しないのですが、

スタッフYが個人的にイタリアへいった時の携帯事情を少し書いてみようと思います。

イタリアもプリペイド方式でSIMを買うことができます。

事前に、

http://www.kansmemo.com/digital-gadget/entry-190.html

Geno works

http://d.hatena.ne.jp/jnsp/20110602/1306972155

このあたりを参考にしました。

曰く、

SIMは5ユーロ分の通話代込みで10ユーロ。

これにパケット代は、週2ユーロで250MBという感じです。

最初の2ユーロは、SIMに込みの5ユーロの中からは払えないようで、12ユーロがイニシャルコストみたいな感じです。

さらに、

http://geno-works.com/iphone/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%89sim%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

ここによると、250MBを超えた場合も、また250MBごとに2ユーロという感じに読めます。

さて、実際はどうなったでしょうか。

スタッフY

8月 25

タイとの電話事情 その3

タイでのプリペイドカードのチャージ方法ですが。

コンビニなどでリフィールカードを購入します。

リフィールカードの形状は、

テレホンカード状のものや

リフィールカード

リフィールカード

このようなペラッペラの紙(テレホンカードを縦に半分にしたくらいのサイズ)のものだったり。

この2つは、銀色のスクラッチを削ると番号が出てくるタイプです。

場合のよっては、レジのレシートに直接番号が書かれていたりします。

これらの16桁の数字を、携帯から

*120*16桁のpinナンバー#

と電話すると、すぐにSMSでチャージされた旨のメールが届きます。

 

8月 24

海外の携帯事情を調べる場合

海外の携帯事情を調べる場合に、”スタッフY”が参考にしているのは、

おにくさんの

電話にでんわ

です。

http://oniku.blog.ocn.ne.jp/denwa/2011/08/12_call_sim_3g_.html

“スタッフY”がタイへ行った頃はまだタイの3G(W-CDMA)は本格的に普及している感がなかったのですが、最近の話題を見るとかなり3Gが普及しているようですし。

3Gが圏外でもGSMで使えるような記述が見受けられます。

また、次の日印子どもの絵展を行う

http://oniku.blog.ocn.ne.jp/denwa/2011/08/12_call_7b18.html

インドの話題もありますので、いつも参考にさせていただいています。

“スタッフY”

 

 

 

8月 19

タイとの電話事情 その2

前回プリペイドSIMがいかに安いか書きました。

このプリペイドSIMですが。どこで買えるかというと、まずは、空港の到着ロビーに各キャリアの出店があります。

カタコトの英語で、十分通じますし。

空港のショップであれば、SIMの入れ替えから、アクティベーションもやってくれますし。

スマートフォンを見せると、INTERNETを使うか?と向こうから聞いてきます。

使うならと、INTERNET向けのプランを勧めくれますし。その設定もしてくれます。

このプランを選んでおかないと、インターネット接続は1分1バーツ(3円程度)です。

これでも結構安いんですが。100バーツで、20時間はさらに破格です。

20時間も使えると、1週間くらいの滞在では使い切れません。

しかも、ホテルによっては、室内のインターネット接続は有料なこともあります。

2008年に、タイに下見・交渉に行った際に宿泊していたホテルでは、室内でのインターネット接続は1日600バーツ(1800円程度)もしていたので、ホテル内でのインターネット接続も、スマートフォンとPCをつないで(テザリング)、使っていました。

タイのGSMでの通信速度は、200kbpsから400kbps程度で、それほど速くはないのですが、skypeでの通話も可能な程度の速度でした。

プリペイドSIM、リフィールカードは、空港以外でも、コンビニエンスストアでも購入できますし。

携帯ショップが、そこかしこにあります。鉄道の駅の改札の脇にもかならずあると言っていいくらいですし。

街中でも、携帯ショップがいたるところにあります(コンビニ並に)。

ただ、コンビニなどで買った場合、

  1. 自分でSIMを差し替える
  2. アクティベーションの電話を自分でかける(*120に電話を掛けるだけ)
  3. チャージを自分でする(*120*リフィールカードのスクラッチの下の16桁の番号#に電話)

必要があります。

プリペイドSIM

プリペイドSIM

それと、タイのSIMの問題は、意外と不良率が高いです。

2008年、2009年と都合3回の渡航をし、同行者の分も合わせて、9枚くらいSIMを買って、4枚くらい不良で交換してもらいました。アンテナは立つものの通話が全くできませんでした。アクティベーションはできました。

市内のコンビニなどは差してすぐ使えないと、すぐにコンビニに取って返して、レシートと一緒に見せて、良品と交換してもらえますが。

空港でSIMだけ買って、ホテルでSIMをさしたら使えなかったということもありました。

さすがに、空港に返しにいくことも出来ず。諦めて、ホテルの前のコンビニで購入したこともあります。

8月 18

タイとの電話事情 その1

この記事は、2009年の日タイ子どもの絵展の当時の事情です。

タイとの電話事情ですが、タイへはメディアコールズの無料国際電話が使えます。

しかも、携帯電話にも無料でかけられるので、大変ありがたいです。

日本からの電話はそれでいいとして、タイに行っている間の通話ですが。

前回の日中子どもの絵展のときの反省から、SIMロックフリーの携帯を用意しました(自腹)。

当時としては、まだSIMロックフリーの国内版の携帯はそれほど選択肢はなく。

イー・モバイルのS21HT(洋名HTC Touch Diamond)を用意しました。

S21HTは、Windwos Mobile 6.1 登載のスマートフォンです。

3Gはイー・モバイルが特殊な周波数帯1.7GHzを使っているため、海外では使えませんが。

GSM携帯としては、SIMロックがされていないので、海外で買ったSIMを挿せば、すぐに使えます。

プリペイドSIM

プリペイドSIM

タイのプリペイドSIMは、AISというキャリアのSIMで

SIM自体が99バーツ(当時300円程度)。

そこに、300バーツ(900円程度)のリフィールカードを購入し、うち100バーツ(300円程度)をインターネット20時間分というプランに当てて使っていました。

タイでは、日本のようにパケット単位の課金ではなく、時間単位が主流なようです。

残った200バーツで、タイ国内での電話に当てていました。

タイ国内では、1分1バーツ(3円程度)。かかってきたのを受ける分には無料です。

これがソフトバンクモバイルの国際ローミングだと、タイ国内に電話すると一分75円。

着信すると、一分155円。

プリペイドSIMの価格がいかに安いかわかるかと思います。

今では、海外パケット定額もありますが。当時はそんなものはありませんでしたから。

海外ローミングでパケット通信をするととんでもないことになってしまいます。

古い記事へ «

» 新しい記事へ