«

»

10月 31

2011年上海国際芸術フェスティバルで 『京都西陣織に関する講演と西陣織アート作品の紹介』事業実施

2011年上海国際芸術フェスティバルで

『京都西陣織に関する講演と西陣織アート作品の紹介』事業実施

 

当NPOでは、国際交流基金の助成を受けて、日中文化交流の一環として2011年中国上海国際芸術フェスティバルに『京都西陣織に関する講演と西陣織アート作品の紹介』事業を企画し参加します。

特に、今回は美術品にまで昇華した西陣の織物文化を西陣工芸美術館・松翠閣の代表作品を中心に紹介するとともに講演会も実施します。

1 開催期日・会場

期日 2011年11月3日(木)~11月28日(月)

会場 上海市壹号美術館 2F展示室

上海市建国中路1号 tel 86-21-54657111

2 主催

(事業全体)上海国際芸術フェスティバルセンター

(本事業)NPO法人国際教育情報交流協会

 

3 後援

在上海日本国総領事館、上海日本商工クラブ

 

4 協力

国際交流基金、(株)四季彩社、日本航空、西陣工芸美術館・松翠閣、(株)龍村光峯

 

5 内容

(1) 開会セレモニー

上海市、日本領事館、マスコミ、事業関係者

衆議院財務金融委員長・海江田万里前経産大臣 

日時 平成23年11月11日(金)16時30分~18時30分

会場 壹号美術館

 

(2)講演会

名越 聖 講師 『アートを織る・西陣織の伝統と現在』

11月12日(土) 上海国際芸術フェスティバル参加『記念講演』として実施

講師は尾形光琳『紅白梅図』の袋帯で経済産業大臣賞受賞など数々の受賞経歴を持つ現代西陣織の第一人者。

 

(3)着物着付けショー

松井 貴子 講師

11月11日(金)セレモニーに引き続きモデルによる西陣織の着付けショーを松井

講師の演出で実施。

 

(4)茶道お点前

11月11日(金)セレモニーに引き続き裏千家 終身師範 益田佳代子・益田恵美子さんによる裏千家茶道のお点前披露 ●11月12日(土)も実施予定

 

(5)展示

①西陣織の大物(屏風、衝立、打掛、)の展示

蓄光糸を使ったインスタレーションのバネル(幅約12m)の展示とデモンストレーションも実施。

②帯展示

西陣で織られた各種帯作品の展示と着物着付けショー実施。

③西陣織美術品(掛軸、バッグなどの小物類)の展示

1800口織ジャガードで緻密に織られた作品を京都の表具師が伝統の技術で表装した『西陣極細織掛軸』や皇太子妃雅子様が結婚式に持たれた錦のハンドバッグ(同等品)などを展示。

④アート作品

浮世絵や日本画のみならずゴッホ、モネ、ルノアールなど西陣織で奏でた西洋名画を展示

⑤映像展示

図案・意匠制作、製糸、糸染め、織等の制作過程を10分程度の映像にして、会場内にコーナーを設け放映する。

⑥着物展示

デザイナー・伊藤峰子氏の作品の展示

 

(6)会場説明

①西陣織解説中国語パンフレットを作成配付

②松井貴子講師による解説を実施

 

上海国際芸術フェスティバル プログラム

上海国際芸術フェスティバル プログラム

 

関連記事なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>